中小企業・個人事業主のためのビジネスカード情報

MUFGカード ビジネス – 三菱UFJニコスの法人カード

2020/09/23

date
MUFGカード ビジネス

MUFGカード ビジネスは、三菱UFJニコスが発行する法人または個人事業主が対象のビジネスカードです。VISA、Mastercardの「2枚持ち」が可能な珍しいカードです。

MUFGカード ビジネス

MUFGカード ビジネスの基本情報

MUFGカード ビジネスは、年会費1,250円と低コストで運用できるビジネスカードです。VISA、Mastercardを両方申し込む場合、年会費は2枚で1,500円となっています。各種保険は付帯しませんが、VISA、Mastercardを両方申し込むことのできる「デュアルスタイル」が大きな特徴となっています。

年会費(税抜) 実質還元率 国際ブランド
1,250円 0.5% VisaMastercard
ショッピング枠 キャッシング枠 締日と支払日
40~80万円 なし 15日締め・翌月10日払い

ショッピング枠はデュアル発行、追加カードの合算額になります。

MUFGカード ビジネスの特徴

  • 年会費は1,250円と一般ビジネスカードでは標準的
  • VISA、Mastercardの「2枚持ち」が可能
  • 「原則として黒字決算」が申し込み基準

MUFGカード ビジネス – 一般カードとゴールドプレステージを比較

VISA、Mastercardの「2枚持ち」が可能

MUFGカード ビジネスは、国際ブランドのVISAとMastercardのカードを両方発行することができます。カードを2枚持つことになりますが、2枚目の年会費は250円なので、2枚持ち(デュアルスタイル)にかかるコストは年1,500円。2種類のブランドをお得に利用できます。

VISAとMastercardは、世界でNo.1とNo.2の国際ブランドです。この2つをカバーできれば、海外で困ることはほぼないと言っていいでしょう。デュアルスタイルを選んだ場合、それぞれのカードで得たポイントは合算して商品交換することが可能です。

カード利用実績によって翌年度はポイントが加算される

MUFGカード ビジネスのポイントプログラムは、「グローバルポイント」です。ポイントプログラムにはポイント加算システム「グローバルPLUS」があります。

これは、当年度のショッピング利用金額によって、翌年度の獲得ポイントをプラスするシステムです。毎年11月~翌年10月の請求分が「当年度」になります。

年間100万円以上のショッピング利用 翌年度のポイント 20%加算
年間50万円~100万円未満のショッピング利用 翌年度のポイント 10%加算
年間50万円未満のショッピング利用 翌年度のポイント加算なし

年間のショッピング利用額が100万円以上の場合、ポイント20%分を加算。50~100万円未満の場合は10%分が加算されます。50万円未満ではポイント加算はありません。なお、キャンペーンなどで付与されるスペシャルポイントは加算対象となりません。

事業経費支払いに使用するビジネスカードは、きちんと使うと利用額がたいへん高額になります。出張費、広告費などの支払いがある場合、個人での利用額とは比べ物になりません。高額利用が予想されるビジネスカードでは、ポイントプログラムは重視したい要素の一つです。ポイントを貯めてオフィスの消耗品などに交換できれば、コスト削減も可能です。

ポイントは他社のポイントに移行することもできます。楽天ポイント、Tポイントなどの他、JALのマイルにも換えられます。

申し込み資格は「原則として黒字決算」

MUFGカード ビジネスの申し込み資格は、「原則として黒字決算」とあります。法人・個人事業主共通です。ビジネスカードの中ではハードルが高い方です。

一般的にビジネスカードは、「設立・開業3年以降」「連続黒字決算」が審査通過の目安とされてきました。しかし、今は事業実績にそこまでこだわらないカード発行会社が増えてきて、設立・開業間もない場合でも発行可能なビジネスカードが多くなっています。その中でMUFGカード ビジネスは、やや厳しめの審査基準と言って良いでしょう。

とはいえ、実はカード申し込みの際に「決算書」や「確定申告書」は必要ではありません。つまり「黒字決算」の証明は不要ということ。自己申告に基づいての申し込み基準となります。

カード発行までは、早くて10日ほどです。申込書の郵送・審査終了の後、契約確認書類が自宅に送られます。その1~2週間後にカードが発行される手順になっています。

MUFGカード ビジネスのメリットとデメリット

MUFGカード ビジネス

MUFGカード ビジネスは年会費が安く使いやすいビジネスカードですが、前述したように審査基準が比較的厳しいカードです。デメリットとしては、旅行保険やショッピング保険が一切付帯しないこと、カード利用限度額が小さいことが挙げられます。

メリット デメリット
  • 年会費が安価
  • VISA、Mastercardの2枚持ちが可能
  • ポイント優遇制度がある
  • 各種保険の付帯なし
  • カード利用枠が小さめ(最大80万円)
  • 申し込み基準が「原則として黒字決算」

MUFGカード ビジネスには、旅行傷害保険やショッピング保険が付帯しません。ビジネスカードには保険サービスが付いていて欲しい、という方は付帯保険のある別のビジネスカードをおすすめします。

利用限度額が小さいのも残念な点です。ビジネス一般カードでは最大100万円ほどが標準なので、MUFGカード ビジネスの「最大80万円」は少ない方です。規模が小さめのビジネス向けのカードと言えます。

MUFGカード ビジネスのその他の情報

  • 追加カード年会費は一般カードで1,250円
  • 追加カードの発行枚数制限なし
  • ETCカードは、本カード・追加カード1枚につき1枚発行可能
  • ETCカードの新規発行手数料1,000円(税抜)、年会費無料
  • 支払い方法はショッピング一回払いのみ
  • VISA、Mastercard、それぞれのビジネスカード特典を利用可能
  • 海外アシスタントサービスあり 海外旅行案内や予約手配等に日本語で対応
  • ゴルフデスク 全国約1,000カ所のゴルフ場の予約を代行
  • WEB明細チェック ネットで利用明細確認、ポイント照会が可能

VISAとMastercardを2枚発行できるという強みはありますが、合算での利用枠となることに気をつけなければなりません。また、追加カード分もカード利用枠の合算対象となります。追加カードの発行枚数制限はありませんが、利用限度額に注意して使うようにしましょう。

MUFGカード ビジネス

 
ビジネスカード一覧 2019

一般ビジネスカード

ゴールドビジネスカード

プラチナビジネスカード

ビジネスカードの基礎知識

中小企業向けのカード情報

個人事業主向けのカード情報

クレジットカードの基礎知識

2020年おすすめのビジネスカード

PAGE TOP