中小企業・個人事業主のためのビジネスカード情報

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

2020/09/25

date
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード(以下、セゾンパール)は、クレディセゾンのアメックス提携カードです。年会費無料で持つことのできるビジネスカードとして注目を集めています。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの基本情報

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費(税抜) 実質還元率 国際ブランド
1,000円
初年度無料
0.5% American Express
ショッピング枠 キャッシング枠 締日と支払日
利用者により異なる 最大50万円 毎月10日締め
翌月4日払い

1年間に1回以上の利用で、次年度の年会費が無料になります。

セゾンパールは、元々個人向けに発行されているカードです。支払い口座に法人名義口座を登録できるようになったことで、ビジネス利用が可能になりました。個人事業主、法人代表者のいずれも利用できます。法人口座を設定する場合は、代表者名も併記されていることが条件となっています。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴

  • 年会費無料で持つことが可能なアメックスブランドのカード
  • 海外での利用で2倍の永久不滅ポイントが貯まる
  • 最短即日発行が可能なビジネスカード

年会費無料で使うことが可能なビジネスカード

セゾンパールの年会費は、初年度無料・2年目以降から1,000円と設定されています。ただし、年間で1回でもカード利用をすれば次年度の年会費は無料になります。実質、年会費無料で使うことのできるビジネスカードです。年会費無料のものが少ないビジネスカードでは、たいへん価値のあるカードです。

年会費がかからないビジネスカードには、他に「ライフカードビジネス」や「ライフカードビジネスライト」などがあります。これらのカードとセゾンパールの違いとして、ポイントプログラムの有無があげられます。

セゾンパールにはポイントプログラムが用意されており、セゾンの「永久不滅ポイント」を貯められます。コストをかけずに使えるのにポイント還元が期待できる、お得なカードです。

永久不滅ポイントは海外の利用で2倍付与

セゾンパールの利用でもらえる「永久不滅ポイント」には有効期限がなく、ポイント失効を気にする必要がありません。じっくり貯めて、高額商品と交換することができます。

貯めたポイントは、カード利用代金の支払いにも充てられます。また、各種商品券や日用品・事務用品にも使うことが可能です。経費節減に役立てることができます。

なお、ポイントの実質還元率は公表されています。
・1ポイント→5円相当(0.5%)

商品と交換する場合は、以下のような実質還元率になります。
・200ポイント→1,000円分のアマゾン商品券(0.5%)
・200ポイント→900円分のショッピング利用(0.45%)

海外でのショッピング利用では、ポイントが2倍付与されます。海外出張が多い場合はポイントをより多く貯められるでしょう。また、セゾンポイントモールを経由してのネットショッピングでは、最大30倍のポイント加算があります。

日常の買い物では、セブンイレブンでの買い物に特典があります。通常の永久不滅ポイントに加え、セブンイレブンのnanacoポイントが加算されるサービスです。事前に会員サイトでサービスを申し込んでおくことで利用できます。セゾンパールはポイント加算のしくみが多いので、ポイントを貯めやすいカードと言えます。

パッケージツアー代金割引など旅行関連の特典が豊富

「tabiデスク」とは、アメックスの旅行企画デスクです。対象の大手旅行会社のパッケージツアーをtabiデスクから申し込むと、最大8%オフで契約できます。
対象となっている旅行会社は、JALパック、ANAハローツアー、ClubMedなど。出張に便利な付帯サービスです。

その他、トラベル関連特典には以下のようなものがあります。

  • 海外用wi-fiルータと携帯電話レンタルを会員優待料金で利用可
  • 国立公園などにあるリゾートホテル「休暇村」の宿泊10%オフ
  • 世界のお土産を10%オフで購入可能、永久不滅ポイント4倍付与

ネットショッピングの不正利用による損害を補償

セゾンパールには、旅行保険等の付帯特典がありません。ただし、アメックス独自の補償サービスである「オンラインプロテクション」は付帯します。

これは、ネット上でのカード不正使用で発生した損害を補償するサービスです。心当たりのないカード引き落としについて、カード会社が不正使用と確認できた場合に全額が補償されます。安心してネットショッピングを楽しめる、アメックスならではの補償サービスです。

電子マネー対応、キャッシング機能など利便性の高いカード

セゾンパールは電子マネーのiD・QUICPayを利用できます。iPhoneなどで決済するApple Payに登録も可能なので、スピーディーに会計を済ませることができます。

支払いは、レジにある読み取り機(カードリーダー)にスマホなどをかざすだけ。チャージは不要で、電子マネー利用分は他のカード利用分と一緒に支払日に引き落とされます。

キャッシングも利用できます。新規申し込み時では0~最大50万円のキャッシング枠となっています。特に海外では、キャッシングは両替よりもお得な場合があるため、活用の機会が多くなると考えられます。

ビジネスカードでは一回払いしかできないカードも多いのですが、セゾンパールで利用できる支払い方法は以下の5種類となっています。なお、リボ払いでは手数料が発生する場合があります。

  • 1回払い
  • 2回払い
  • ボーナス一括払い
  • ボーナス2回払
  • リボ払い

来店での受け取りを選ぶと、最短即日発行が可能

セゾンパールは、カードの受け取りを「来店」「郵送」から選ぶことができます。来店での受け取りを選ぶと、即日発行も可能です。ビジネス利用のカードとしては画期的な一枚です。

申し込みの流れ

  • インターネット等で申し込み
  • セゾンカードからの電話連絡、申し込み確認
  • 審査結果メールが届く
  • カード受け取り(郵送または来店)

申し込みの際に受け取り方法を選択するようになっており、来店の場合は指定のセゾンカウンターで直接受け取ります。全国のららぽーとやパルコなど、大店舗内のセゾンカウンターは指定カウンターとなっている場合が多いようです。

来店受け取り自体が珍しいシステムなのですが、最大の長所は「即日発行が可能」という点です。郵送の日数を省くことができるので、早ければ申し込みの数時間後にカードを手に入れることができます。受け取りの際は、本人確認書類の他、金融機関の届印、通帳など金融機関の口座番号がわかるものを持参します。

来店受け取りで注意が必要なのは、ICチップのないカードになることです。ICチップはカード表面にある1cm四方の金色のシールのようなもの。多彩な認証作業を行うことができるため、高いセキュリティが確保されます。ICチップのないカードはスキミング等の被害にあう可能性が比較的高くなる上、海外では利用を断られる場合もあります。

郵送での受け取りの場合も、カード発行は決して遅くはありません。審査結果メールの到着後、最短3日後にカードが発送されます。ビジネスカードの標準的な発酵期間は3週間ほどなので、十分早いと言えるでしょう。

セゾンパールの審査は比較的やさしいという評判です。必要書類は、申し込み本人の確認資料(運転免許証など)だけ。確定申告書類や法人の登記簿謄本、財務書類などを用意する必要はありません。申し込みのハードルが低い、作りやすいカードです。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードのメリットとデメリット

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費無料で利用でき、即日発行が可能なビジネスカードであるセゾンパール。アメックスカードのステータス性も感じられます。ただし、付帯サービスにはやや物足りなさを感じるかもしれません。

メリット デメリット
  • 年会費無料で利用可能
  • 永久不滅ポイントを貯めやすい
  • 最短即日発行可能
  • 従業員用カードが作れない
  • 旅行保険、ショッピング保険の付帯がない
  • VISAやMastercardと比較して加盟店が少ない

セゾンパールをビジネス利用する時にネックとなるのが、従業員用のカードを作れない点です。カード利用は基本的に本会員のみとなるので注意してください。

年会費をかけずに利用できる分、付帯特典は絞られています。旅行保険やショッピング保険などの保険は一切付帯しません。ビジネスカードに旅行保険サービスを期待しているのであれば、残念ながら候補から外すことになります。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのその他の情報

  • ETCカードは年会費無料
  • 会員限定チケットサービス「e+(イープラス)」先行予約、優待割引など
  • 会員限定の優待特典を紹介するサイト「アメリカン・エキスプレス・コネクト」
  • 西友、LIVINで指定日のショッピング5%オフ
  • エステ「エルセーヌ」ヘアサロン「Ash」整体「リフレーヌ」利用代金割引
  • クラウド型会計ソフト「freee」利用期間2ヵ月無料延長
  • ハーツレンタカー、カレコカーシェアリングクラブ割引優待
  • 宅配クリーニング「リネット」代金割引等
  • 保険のオプション「Super Value Plus」月額300円から利用可能
  • Web明細サービスあり

American ExpressはVISAやMastercardより加盟店数が少ないので、海外で使えないというケースもあるかもしれません。海外出張が多い場合は、念のためVISAまたはMastercardのカードを所持しておくと安心です。

なお、日本国内では、American ExpressはJCBと提携しているため、使える店は格段に多くなりました。JCBが利用できる店であれば、ほぼAmerican Expressが利用できます。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

 
ビジネスカード一覧 2019

一般ビジネスカード

ゴールドビジネスカード

プラチナビジネスカード

ビジネスカードの基礎知識

中小企業向けのカード情報

個人事業主向けのカード情報

クレジットカードの基礎知識

2020年おすすめのビジネスカード

PAGE TOP