中小企業・個人事業主のためのビジネスカード情報

確定申告の提出書類 – 会社員は何を提出すればいい?

2021/05/10

date
会社員が確定申告で提出する書類

会社員が確定申告で提出する書類

会社員の確定申告では、以下の2つの書類を作成して提出するのが基本です。

会社員が確定申告で提出する書類

これらの確定申告書類は国税庁の該当ページからダウンロードできます。その他、税務署へ直接取りに行ったり、税務署に連絡して郵送してもらうことで入手できます。

どんな会社員が確定申告をするの?

一般的な会社員は、確定申告をする必要がありません。会社員が確定申告をする場合、以下の2つのパターンのうち、どちらかに当てはまることが多いです。

会社員が確定申告をするケースの具体例

確定申告をする義務がある人 以下1つでも該当する場合は確定申告をする義務有り
・給与の年間収入金額が2,000万円を超える
・副業の合計所得金額が20万円を超える
・2ヶ所以上から給与を受け、年末調整を受けていない給与が20万円を超える
確定申告をするとお得な人 以下1つでも該当する場合は還付金が見込める
・年の途中で退職をして、年末調整を受けていない
・特定の控除を適用したい

控除の具体例

会社員の場合、ほとんどの控除(所得控除や税額控除)は、年末調整のタイミングで適用されます。しかし、以下のような控除を適用するには、確定申告が必要です。

  • 医療費控除…………1年間に一定額以上の医療費を払った場合
  • 住宅ローン控除……当年中に住宅をローンで購入した場合など
  • 寄付金控除…………6つ以上の自治体にふるさと納税をした場合など

確定申告書について

確定申告書を作成・提出する最大の目的は、納めるべき所得税額を算出して、税務署へ知らせることです。確定申告書はAとBの2つあります。大まかな違いは以下の通りです。

確定申告書A 確定申告書B
  • 申告できる所得の種類が限られている
  • Bの簡易版であり、記入欄が少なめ
  • どんな種類の所得であっても申告が可能
  • 記入欄が多め

それぞれどんな人が使用する?

確定申告書AとBは、それぞれ以下のような人が使用します。一般的な会社員は、簡易版である申告書Aの方で問題ありません(申告書Bで申告してもOK)。

確定申告書A 確定申告書B
  • 給与所得のみを得ている会社員
  • 副業をしている会社員
  • 個人事業主
  • 副業で個人事業を営む会社員

副業で個人事業を営んでいる会社員は、申告書Bで確定申告をします。申告書Aだと、個人事業における所得(事業所得)の申告ができないので注意しましょう。

>> 所得の種類は何がある?10種類の所得

添付書類台紙について

添付書類台紙は、以下の書類を貼り付けるための用紙です。貼り付ける際は、のり付けやホチキス留めをして、簡単に剥がれないようにしましょう。

  • 本人確認書類
  • 確定申告書の内容に応じた証明書など

本人確認書類【具体例】

  • マイナンバーカードのコピー
  • マイナンバーを確認できる書類のコピー(通知カードや住民票の写し)
  • 身元を確認できる書類のコピー(運転免許証やパスポート)

確定申告書の内容に応じた証明書など【具体例】

  • 国民年金保険料控除証明書
  • 医療費控除の証明書
  • 生命保険料控除証明書
  • 住宅借入金等特別控除額の計算明細書

確定申告書類を税務署の窓口に直接提出する場合、一部の添付書類は税務署職員に提示するだけでOKです。会社員の場合、スマホ申告(詳しくは後述)をすると、ほとんどの書類の添付・提示を省略することができます。

源泉徴収票・支払調書は提出や添付が不要

  • 源泉徴収票や支払調書は確定申告のとき、提出や添付が不要*
  • これらの内容を、確定申告書に記入するだけでよい
  • 確定申告書の提出後、これらの書類は保存しなくてもよい

*2019年(平成31年)の税制改正から、源泉徴収票も提出&添付が不要になった

源泉徴収票や支払調書は、確定申告書を作成する際に参照します。確定申告書を作成するまでは捨てずにとっておきましょう。

「支払調書」とは?

  • 報酬などが支払われた際に、送付される書類(必ず送付される訳ではない)
  • 給与所得だけを得ている会社員は、受け取ることがほぼない

「報酬」は、ざっくり言うと、雇用契約を結んでいない相手から支払われる金銭のことです。例えば、副業で仕事を請け負っている会社員などは、支払調書を受け取る場合があります。

会社員はスマホ申告ができる!

「給与所得のみを得ている会社員」や「副業(事業的規模ではない)をしている会社員」は、国税庁が運営する「確定申告書等作成コーナー」のスマホ専用画面から確定申告(スマホ申告)ができます。

スマホ申告のメリット

  • スマホ専用画面*が見やすい&操作が簡単
  • ページの案内に従って金額を入力するだけで申告書が作成できる
  • 確定申告期には24時間いつでもどこでも利用可能(メンテナンス時間を除く)
  • 添付書類の提示&添付を大幅に省略できる
  • 作成した申告書はその場で送信でき、税務署へ行く時間や待ち時間も不要
  • 申告済のデータはスマホに保存され、いつでも申告情報を確認できる
  • 還付金の振込が3週間程度とスピーディ(通常は約1ヶ月~1ヶ月半程度)

*申告内容によっては、通常の画面(パソコンと同様の画面)による申告になる

スマホ申告を利用するにあたって

スマホ申告を利用する人は、以下のどちらかを準備します。マイナンバーカードは申請から発行まで3週間程度を要するので注意しましょう。ID・パスワード方式ならば最速で即日取得が可能です。

  • マイナンバーカード&マイナンバーカード対応のスマートフォン
  • ID・パスワード方式の届出完了通知

まとめ – 書類の提出方法

会社員が確定申告をする場合、「確定申告書A」と「添付書類台紙」を提出するのが基本です。添付書類台紙には、本人確認書類のコピーや控除証明書を貼り付けて、提出します。書類の提出方法は、以下の3通りです。

  • 税務署に直接提出
  • 税務署に郵送提出
  • e-Taxで電子申告

>> 確定申告書の提出方法を詳しく

税務署に直接提出する場合、税務署の開庁時間は、基本的には平日8:30~17:00までなので注意しましょう。税務署入り口に設置されている「時間外文書収受箱」に直接投函すれば、税務署が閉まっている時間帯であっても、提出することができます。

税務署に設置されている時間外収受箱

 
ビジネスカード一覧 - 法人カード比較表

一般ビジネスカード

ゴールドビジネスカード

プラチナビジネスカード

ビジネスカードの基礎知識

中小企業向けのカード情報

個人事業主向けのカード情報

クレジットカードの基礎知識

2021年おすすめのビジネスカード

PAGE TOP