中小企業・個人事業主のためのビジネスカード情報

Apple Payで使えるビジネスカード一覧 – 法人カード比較

2020/09/25

date
ApplePayで使えるビジネスカード

iPhoneやApple Watchで使える決済サービス、Apple Pay。ビジネスカードを登録することができれば、経費の支払いをiPhoneでスピーディーにすませることが可能です。Apple Payの利用方法や、登録できるビジネスカードを紹介します。

Apple Payに対応しているカードブランド

Apple Payは、カードの国際ブランドによって対応が異なります。また、発行会社やカードの種類によってサービスに対応していない場合もあるので注意が必要です。

Apple Payについてご存知ない方はこちらを参照してください。
ビジネスカードとApple Pay、Suica・iD・QUICPayの関係を整理しよう

Apple Payに対応しているカードブランド

  • JCB
  • Mastercard
  • American Express
  • VISA(一部のサービスに未対応)

VISAで未対応のサービス

国際ブランドがVISAのカードは、Apple Payに登録することは可能ですが、すべてのサービスに対応しているわけではありません。

VISAで利用できないサービス

  • アプリ上の決済
  • Web上の決済
  • WalletアプリでのSuicaの利用(Walletアプリを使ってのSuicaチャージはアプリ内決済となるため)

VISAのカードでは、実店舗での決済のみApple Payが利用できることになります。WalletアプリでのSuicaチャージはできませんが、Suicaアプリに登録したクレジットカードからチャージが可能なので、この点は心配しなくても大丈夫です。
VISAカードがApple Payでできること・できないこと

Apple Payに登録できるビジネスカード

Apple Payに対応しているカード発行会社は多いのですが、その会社のクレジットカードがすべてApple Payに登録できるわけではありません。ビジネスカードでは対応しているものが限られています。

Apple Payに登録できるビジネスカード

三井住友 Owners オリコEX Gold アメックス
グリーン
楽天ビジネス セゾン
プラチナ
カード
デザイン
三井住友ビジネスカード for Owners クラシック オリコ EX Gold for Biz アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード 楽天ビジネスカード セゾンプラチナ・ビジネス アメリカン・エキスプレス・カード
年会費
(税抜)
1,250円
初年度無料
2,000円
初年度無料
12,000円 12,000円 20,000円

2020年9月時点

楽天ビジネスカードは、一般向けのクレジットカード・楽天プレミアムカードの追加カードとして発行されます。楽天プレミアムカードの年会費10,000円 + 追加カードである楽天ビジネスカードの年会費2,000円が必要です。

「対応電子マネー」の欄には入っていませんが、電子マネーのSuicaは、手持ちのカードとは関係なくApple Payで利用できます。どのカードからでもSuicaにチャージ可能です。Apple PayでSuicaを使うには、お手持ちのSuicaカードをApple Payで読み込むか、Suicaの専用アプリから発行手続きを行います。

Apple Payを使えるApple端末

日本向けのApple端末では、以下の機種でApple Payが利用できます。

  • iPhone 7以降の機種
  • Apple Watch Series 2 以降の機種

海外のiPhoneやApple Watchを日本で使う場合、国内のApple Payは使えないので注意が必要です。なお、交通機関や店舗ではなく、アプリ上・Web上での決済に限ればiPhone6、iPhoneSE、Apple Watch Series 1でもApple Payを使うことができます。

それでは、Apple Payに登録できるビジネスカードを個々に見ていきましょう。ここでは、特に対応する電子マネーに注目して紹介します。

三井住友ビジネスカード for Owners

三井住友ビジネスカード for Owners クラシック

対応電子マネー 年会費(税抜)
iD 1,250円 初年度無料

三井住友カードのプロパーカードである三井住友ビジネスカード for Owners。個人事業主・中小企業の代表者が申し込めるビジネスカードです。三井住友カードはiDが割り振られているため、全国のiD加盟店でApple Payが利用できます。もちろん、iD決済だけでなく、Apple Payによるカード決済も可能です。

クラシックカード(一般カード)では年会費が初年度無料、翌年度からは1,250円と手頃な料金です。キャッシング機能や海外旅行傷害保険、ショッピング保険も用意されている、使い勝手の良い一枚です。

三井住友ビジネスカード for Owners

オリコ EX Gold for Biz

オリコ EX Gold for Biz

対応電子マネー 年会費(税抜)
Visaタッチ決済 or Mastercardコンタクトレス 2,000円 初年度無料

オリコ EX Gold for Bizは、個人事業主用と法人用があるビジネスカードです。「for Biz S」が個人事業主用で、「for Biz M」が法人用です。

どちらのカードにも、電子マネーiDとQUICPayが搭載されていましたが、2018年10月のスペック変更により、iDとQUICPayの搭載は無くなりました。代わりに、Visaの場合はVisaタッチ決済、Mastercardの場合はMastercardコンタクトレスが利用できます。

ゴールドカードですが、年会費は初年度無料・翌年度以降2,000円とコストを抑えて使うことができます。ショッピング利用枠の上限が300万円と大きいことに加えて、ポイント還元率も0.6%~1.1%と高還元率のカードです。

オリコ EX Gold for Biz

アメリカン ・エキスプレス・ビジネス・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

対応電子マネー 年会費(税抜)
QUICPay 12,000円

アメリカン ・エキスプレス・ビジネス・カードは、アメックスのプロパーカードであるビジネスカードです。個人事業主、法人代表者のどちらも申し込むことができます。グリーンカード(一般カード)でも年会費は12,000円と高額で、ステータス性の高いカードです。

アメックスはApple Payに対応しています。電子マネーはQUICPayが割り当てられるので、全国のQUICPay加盟店で利用可能です。トラベル関連サービス、ポイントプログラム、さまざまな補償サービスが備わった高スペックのカードです。

アメリカン ・エキスプレス・ビジネス・カード

楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカード

対応電子マネー 年会費(税抜)
QUICPay 12,000円

年会費は、楽天プレミアムカードの年会費10,000円+楽天ビジネスカードの年会費2,000円を合算したものです。
楽天ビジネスカードは先述したとおり、楽天プレミアムカードの追加カードです。楽天ビジネスカードだけを申し込むことはできません。必ず楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードをダブルで所持することになります。

Apple Payで電子マネーを使う場合、QUICPayを利用できます。ただし、楽天ビジネスカードは国際ブランドがVISA限定のため、店頭決済のみが利用可能です。(楽天プレミアムカードはVISA、JCB、Mastercardのいずれかを搭載できます)

楽天市場での買い物などに優遇がある楽天スーパーポイントを貯めることができます。還元率は1%と高率で、ビジネスカードの利用分は個人用のプレミアムカードに集約できるので、かなりのバックが期待できます。海外空港ラウンジサービス「プライオリティ・パス」など特別なサービスが付帯するのもメリットの一つです。

楽天ビジネスカード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス アメリカン・エキスプレス・カード

対応電子マネー 年会費(税抜)
QUICPay 20,000円

こちらは先述のアメックスビジネスと異なり、クレディセゾンが発行するアメックスの提携カードです。年会費は2万円と安くはありませんが、プラチナカードとしてはたいへん入手しやすいカードです。インビテーション(招待)も不要です。

電子マネーはQUICPayを使うことができます。年間200万円の利用があれば翌年の年会費は10,000円と優遇されるシステムもあり、ステータスやスペックなどを考えるとお得なカードです。
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

三井住友 Owners オリコEX Gold アメックス
グリーン
楽天ビジネス セゾン
プラチナ
カード
デザイン
三井住友ビジネスカード for Owners クラシック オリコ EX Gold for Biz アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード 楽天ビジネスカード セゾンプラチナ・ビジネス アメリカン・エキスプレス・カード
年会費
(税抜)
1,250円
初年度無料
2,000円
初年度無料
12,000円 12,000円 20,000円
 
ビジネスカード一覧 2019

一般ビジネスカード

ゴールドビジネスカード

プラチナビジネスカード

ビジネスカードの基礎知識

中小企業向けのカード情報

個人事業主向けのカード情報

クレジットカードの基礎知識

2020年おすすめのビジネスカード

PAGE TOP