中小企業・個人事業主のためのビジネスカード情報

年会費が安いビジネスカード – コスパで選ぶ法人カード

2020/02/07

date
年会費が安いビジネスカード

ビジネスカードは利用したいけれど、年会費はできるだけ安くしたいものです。
年会費が1,000円台であまり経費のかからないビジネスカード、コスパの良いビジネスカードを紹介します。

年会費が安いビジネスカード

ビジネスカードの一般カード(スタンダードカード、クラシックカード)は、年会費が1,000円台と手頃なものがいくつかあります。以下の表に、年会費の安いビジネスカードをまとめました。

年会費が安いビジネスカード

三井住友for
Owners
JCB法人
カード
三井住友
ビジネス
UC法人
カード
MUFG
ビジネス
カード
デザイン
三井住友ビジネスカード for Owners クラシック JCB法人カード 三井住友ビジネスカード クラシック UC法人カード MUFGカード ビジネス
年会費
(税抜)
1,250円
初年度無料
1,250円
初年度無料
1,250円 1,250円 1,250円
発行対象 個人事業主
法人代表者
個人事業主
法人代表者
法人 個人事業主
法人
個人事業主
法人

なお、この他に年会費無料のビジネスカードも少ないながら存在します。

三井住友 for Ownersの年会費優遇制度

三井住友 for Ownersは2年目から年会費1,250円が必要となりますが、2年目以降も年会費無料になる優遇制度があります。優遇される条件は、リボ払い「マイ・ペイすリボ」の登録をすること。マイ・ペイすリボを登録するだけで翌年は年会費が無料です。その次の年からは、マイ・ペイすリボ登録をした上で前年度に1回以上カードを使っていれば、年会費が不要となります。

マイ・ペイすリボは、自分で毎月の支払額を決めることができるしくみです。

  • 自分で毎月の支払額を決める(5,000円以上)
  • 支払額が設定額以内の場合は1回払いになる
  • 支払額が設定額以上の場合は、超えた分がリボ払いになる

リボ払いは基本的に手数料が発生しますが、初回についてはリボ払い手数料が発生しません。毎月のリボ払いの金額をカード利用限度額と同額にしておくと、実質的に1回払いとなります。リボ払い設定にはなっていますが、手数料を支払う必要がなくなります。

この他に、カードご利用代金WEB明細書サービスを申し込むと、翌年度年会費が500円割引(税別)になります。なお、追加カード会員は対象となりません。

従業員用の追加カード年会費を比較

ビジネスカードを従業員のために追加発行した場合、どのくらいの年会費がかかるのでしょうか。事業が大きくなってカードを使う従業員が増え、思った以上にコストがかかる可能性もあります。

年会費が安いビジネスカードの追加カード年会費

カード名称 追加カード年会費
三井住友ビジネスカード for Owners 1名につき400円 初年度無料
JCB法人カード 1名につき1,250円 初年度無料
三井住友ビジネスカード 1名につき400円
UC法人カード 1名につき1,250円
MUFGビジネス 1名につき1,250円

追加カードの年会費は、本カードと同額かそれ以下の設定です。今回紹介したカードは、追加カード発行枚数に制限はなく、何枚でも作れます。

ビジネスカードのショッピング利用枠は一般的に、本カード利用分と追加カード利用分の合計額が対象となります。追加カードに本カードと同額の利用枠がそれぞれつくわけではありません。従業員が追加カードで利用する分も考慮して、ショッピング利用枠を決めることをおすすめします。

国内・海外の傷害保険とショッピング保険について

ビジネスカードに限らず、クレジットカードの多くは年会費に応じて付帯するサービスの充実度が異なります。年会費が安いビジネスカードは、保険が付帯しないものもあります。

年会費が安いビジネスカードの付帯保険

国内旅行保険 海外旅行保険 ショッピング保険
三井住友ビジネス
カード for Owners
なし 最高2,000万円 年間100万円まで
(海外利用)
JCB法人カード 最高3,000万円 最高3,000万円 年間100万円まで
(海外利用)
三井住友ビジネス
カード
なし 最高2,000万円 年間100万円まで
(海外利用)
UC法人カード なし
MUFGビジネス なし

年会費が安価なビジネスカードの付帯保険では、保険が適用される条件として「事前に旅費などをビジネスカード決済すること(利用付帯)」となっていることがほとんどです。ここで紹介している三井住友 for Owners、JCB法人カード、三井住友ビジネスの保険はすべて利用付帯です。カードのランクが上がると、条件なしに保険が適用される自動付帯となることが多くなります。

ショッピングで貯まるポイントプラグラムの実質還元率

ビジネスカードは一般的に、個人用のクレジットカードよりも利用額が多くなります。設備費や広告費など、100万円単位での出費も少なくありません。この場合、ポイント還元を活用すると経費の節約につながります。

ショッピングポイントの実質還元率を比較

三井住友for Owners JCB法人
カード
三井住友
ビジネス
UC法人 MUFG
ビジネス
実質還元率 0.5% 0.6%

今回挙げたビジネスカードにはすべてポイントプログラムが用意されていますが、還元率は0.5%と横並びで、MUFGビジネスカードのみが0.6%です。0.5%の還元率はビジネスカードではごく標準的で、還元率が特に良いというほどではありません。

年間のビジネスカード利用額が高額の場合、ポイントによってバックされる金額も多くなります。年会費のコストがかかっても、ポイント還元率が高ければ経費の節約につながります。利用額と還元率、年会費コストを照らし合わせてビジネスカードを選択することをおすすめします。

ショッピング利用枠の比較

年会費が低額の場合、利用枠もそれほど大きくはならないのが一般的です。ゴールドカードやプラチナカードになると年会費が増額し、カード利用枠も大きくなります。

年会費が安いビジネスカードのカード利用枠

カード名称 カード利用枠
三井住友for Owners 10万円~150万円
JCB法人カード 10万~100万円
三井住友ビジネスカード 20万円~150万円
UC法人カード 20万円~300万円
MUFGビジネス 40万円~80万円

ビジネスカードの一般カードは、利用上限額の水準は100万円程度です。UC法人カードは大きめの利用枠を持っていると言えます。

利用枠は審査によって個別に決定するため、上限に示された金額がそのまま利用できるとは限りません。利用上限額は、ビジネスカードを利用していくうちに増額していくことが可能です。

年会費が安いビジネスカードの比較まとめ

三井住友for
Owners
JCB法人
カード
三井住友
ビジネス
UC法人
カード
MUFG
ビジネス
カード
デザイン
三井住友ビジネスカード for Owners クラシック JCB法人カード 三井住友ビジネスカード クラシック UC法人カード MUFGカード ビジネス
年会費
(税抜)
1,250円
初年度無料
1,250円
初年度無料
1,250円 1,250円 1,250円
発行対象 個人事業主
法人代表者
個人事業主
法人代表者
法人 個人事業主
法人
個人事業主
法人

三井住友for Ownersは2年目以降の年会費優遇制度があります。リボ払い「マイ・ペイすリボ」の登録により2年目も年会費無料となります。

以上のビジネスカードは、年会費が1,000円台で使いやすいカードです。いずれも一般カードであり、スタンダードな機能やサービスを有しています。
三井住友ビジネスカード for Owners
JCB法人カード
三井住友ビジネスカード
UC法人カード
MUFGビジネス

 
ビジネスカード一覧 2019

一般ビジネスカード

ゴールドビジネスカード

プラチナビジネスカード

ビジネスカードの基礎知識

中小企業向けのカード情報

個人事業主向けのカード情報

クレジットカードの基礎知識

2020年おすすめのビジネスカード

PAGE TOP