中小企業・個人事業主のためのビジネスカード情報

アプラス ビジネスカードゴールド SBS PRIMEカード

2019/05/24

date
アプラス ビジネスカードゴールド SBS PRIMEカード

アプラス ビジネスカードゴールド SBS PRIMEカードは、法人と個人事業主を対象とするビジネスカードです。アプラスとスマートビリングサービスの提携カードであり、ビジネスに役立つ優待サービスが付帯しています。

アプラス ビジネスカードゴールド SBS PRIMEカード

アプラス ビジネスカードゴールド SBS PRIMEカードの基本情報

年会費(税抜) 実質還元率 国際ブランド
50,000円
初年度無料
0.5% JCB
ショッピング枠 キャッシング枠 締日と支払日
法人:100万円~300万円
個人事業主:100万円
~200万円
なし 5日締め
翌月27日払い

表示は税抜料金

ショッピング利用枠は、法人と個人事業主とで上限が異なります。新規入会時は、どちらでも上限額は100万円までとなっています。

アプラス ビジネスカードゴールド SBS PRIMEカードの特徴

  • アプラス ビジネスカード ゴールドをベースにしたSBSとの提携カード
  • 年会費は2年目以降50,000円と、ゴールドビジネスカードでは高額
  • ショッピング枠や実質還元率等、基本のスペックは標準的なレベル
  • 専門家への業務依頼、助成金・補助金申請代行などビジネス優待が豊富
  • ビジネス優待の利用次第で、年会費以上にお得になるビジネスカード

スマートビリングサービス株式会社とは

「SBS PRIME」のSBSとは、「スマートビリングサービス」のことです。スマートビリングサービスは、請求・収納業務、公共料金支払いのアウトソーシング事業を展開している会社です。経営を支援するビジネスカードサービス事業も行っています。

年会費50,000円のゴールドビジネスカード

ゴールドビジネスカードの標準的な年会費は、おおむね10,000円です。その中で、本カードの50,000円の年会費はかなり高額と言えます。プラチナカードでも年会費30,000円、50,000円のものがあるくらいです。

基本的なカードスペックを見ると、決して突出したものはありません。ショッピング枠、実質還元率、旅行傷害保険やショッピング保険、いずれもゴールドビジネスカードとしては標準的です。このカードを検討するかどうかは、「提携サービスをいかに活用できるか」がポイントとなります。

本カードには、ビジネス優待特典が多数用意されています。これらのサービスがうまくビジネスにはまるようであれば、高額な年会費に値する大幅なコスト削減が可能になります。

初年度年会費は無料なので、おためしで使うことが可能

年会費は初年度無料です。1年間、無料でカードを利用してみて、実際にどのくらい提携サービスを利用するか、コスト削減が可能かを確認してみることができます。以下に紹介するサービスに興味があれば、試してみる価値があるかもしれません。

豊富なビジネス優待サービス

ビジネスシーンに活躍する提携サービスが多数ラインナップされています。本カードで利用できるサービスの詳細を見てみましょう。

サービス内容 優待内容 運営企業
専門業務
依頼
「SHARES」を使い、
専門家に専門業務を
スポット依頼
基本料金無料
依頼後に5,000円
キャッシュバック
ココペリ
助成金申請
代行
各署助成金の申請サポート 成果手数料
最大6%オフ
日本社会保険
労務士法人
補助金申請
代行
各種補助金提案と申請代行 着手金10%オフ ヒューマンネット・
コンサルティング
コスト削減 専門家によるコスト
削減提案
(賃料、保険費、光熱費等)
成果報酬手数料50%を20%オフ アクトプロ
国内・海外
旅行割引
国内・海外ツアー旅行 国内旅行最大8%、
海外旅行最大5%オフ
リロクラブ
宿泊予約
割引
一流ホテル・旅館の
宿泊予約
団体8%オフ、
個人初回5,000円オフ
個人2回目以降5%オフ
Loco Partners
海外Wi-Fi
レンタル
グローバルWi-Fiレンタル 利用料20%オフ ビジョン
航空券割引 国内航空券予約 最大30%オフ エボラブルアジア
求人無料
掲載
採用サイト制作、
応募者管理
掲載無料、
制作支援、
スカウトメールを
10通プラス等
エン・ジャパン
採用ホーム
ページ制作
求人ホームページ代行作成 ホームページ作成
通常5万円を2万円に
ビズリーチ

価格は税抜表示

ビジネスサービスのうち、「専門業務依頼」と「助成金・補助金の申請代行」について補足して説明します。

クラウド経営支援ツール「SHARES」で専門家に経営相談できる

SHARESは、弁護士・弁理士・司法書士など8士業・1000名以上の専門家が在籍し、専門家に経営相談ができるサービスです。初期費用・月額顧問料は無料で、本カードを利用している場合は実務依頼後に5,000円のキャッシュバックを受けられます。ただし、弁護士・司法書士・社労士への依頼はキャッシュバック対象になりません。

経営課題に気づいていても、「信頼できる専門家が見つからない」「相談する時間がない」ということは少なくありません。このような時に、Webからいつでも手軽に相談することができるのは心強いものです。

無料相談ができる内容の例

  • 契約書に不備はないかチェックしたい
  • 決算書、確定申告書の作成手順を知りたい
  • 商標登録の進め方を知りたい

有料で依頼できる実務の例

  • 確定申告の記帳代行・申告書作成
  • 各種契約書の作成
  • 外国人就労ビザの申請
  • 商標登録

助成金・補助金の申請代行

優待サービスの中に「助成金申請」と「補助金申請」があります。どちらも支給元は国や地方自治体であり、返済義務はありません。地域や分野によってさまざまな補助金・助成金があり、受給できるとビジネスの大きな力になります。

助成金や補助金の種類にもよりますが、事業者が自力で申請を行うのは難しい場合がほとんどです。申請のポイントを心得ている専門家に相談・依頼することが受給の近道です。

  • 助成金申請は社会保険労務士
  • 補助金申請は商工会議所・税理士・行政書士等

助成金申請

優待サービスを利用すると、助成金申請代行は日本社会保険労務士法人に任せることができます。着手金は無料、受給が決まった場合のみ、受給額の15%~を報酬として支払います。提携サービス割引は、最大6%です。

助成金申請料金の相場は、着手金として2~5万円・成功報酬が10~30%程度です。着手金を取らない場合は成功報酬も高くなる傾向があります。受給額15%~、最大6%オフという数字は、上限が不明ではありますが良心的な料金と言えるでしょう。

なお、「どのような助成金がもらえるか」「受給資格があるか」という点については、カードを申し込まなくても無料診断ができるようになっています。

補助金申請

補助金の申請代行は、ヒューマンネット・コンサルティングが行います。補助金申請の相場は種類によりさまざまですが、着手金と成功報酬を支払う場合が多いようです。「着手金100,000円~、成功報酬が受給額の10%~」という例がいくつか見られます。

ヒューマンネット・コンサルティングの優待特典は「着手金10%オフ」です。特別お得という印象はありません。先述の「SHARES」の経営相談でも補助金申請の見積り依頼は可能です。料金を比較した上で依頼を検討しても良いと思われます。

最高補償額5,000万円の海外旅行保険が付帯

旅行傷害保険・ショッピング保険の最高補償額

国内旅行傷害保険 海外旅行傷害保険 ショッピング保険
3,000万円
(利用付帯)
5,000万円
(自動付帯)
300万円

本カードには、国内・海外旅行傷害保険が付帯します。いずれも補償額はとりたてて大きくはありません。海外旅行傷害保険は自動付帯となっており、カードさえ所持していれば補償の対象となります。国内旅行については、旅費等をカード支払いすることで保険が適用となります。

ショッピング保険についても同様で、年会費を考えると補償がとりたてて大きいわけではありません。国内、海外利用のどちらでも適用されます。

国内主要10空港、ハワイ、韓国の空港ラウンジを利用できる

ビジネスゴールドカードの特典として、空港ラウンジサービスが付帯します。国内10空港に加え、ハワイと韓国の空港を無料で利用できます。

国内10空港 海外2空港
新千歳、成田国際、羽田(国内線)、中部国際、大阪国際、神戸、岡山、福岡、長崎、那覇 ダニエル・K・イノウエ国際(ハワイ)
韓国仁川国際

年会費が同水準の他社のビジネスカードを見ると、対象空港は数多く、範囲も世界各国にわたっています。国内であれば28空港、世界各地のVIP用空港ラウンジサービス「プライオリティ・パス」が利用できることがほとんどです。

分割払いやリボ払いも利用できる

支払い方法が一回払いのみのビジネスカードは多いのですが、このカードは複数の支払い方法から選択できます。

  • 一回払い
  • 二回払い
  • 分割払い
  • ボーナス一括払い
  • リボ払い

ほぼ、個人のクレジットカードと同じように支払い方法を決定できます。支払い回数が2回までは手数料が発生しません。リボ払い、3回以上の分割払いになると手数料を支払う必要があるので注意が必要です。

審査と発行日数

このカードの審査難易度についての情報は少なく、判断が難しいところです。ゴールドカードでもあるため、審査難易度は低くはないと考えられますが、アプラス ビジネスカード自体は審査が厳しいカードではありません。発行日数は約3週間と標準的です。

申し込みの際に必要な書類は、個人事業主であれば運転免許証などの本人確認書類のみ。法人の場合は、代表者の本人確認書類(運転免許証など)に加え、登記事項証明書など法人の本人確認書類が必要です。

本カードを利用するメリットとデメリット

アプラス ビジネスカードゴールド SBS PRIMEカードは、年会費が高額なビジネスゴールドカードです。50,000円の年会費を支払う価値のあるカードなのかは、優待サービスをどの程度利用できるかにかかっています。

メリット デメリット
  • ビジネス優待サービスが豊富
  • 初年度年会費が無料
  • 年会費が50,000円と高額
  • 年会費の割に基本スペックは標準的

ビジネスサービスを優待料金で利用して助成金や補助金を受給したり、出張旅費を節約したりできれば、大きなメリットが生まれます。

その他の情報

  • ETCカード発行は年会費無料、発行手数料として1枚につき1,000円
  • 追加カードの年会費は初年度無料、10,000円。最大4枚まで発行可能
  • Web明細書発行
  • JCBカード特典として、チケット割引サービス・先行受付サービスあり
  • ネット注文で帰国日に合わせて宅配する「海外お土産サービス」あり
  • G・O・G社のパソコン修理・データ復旧・設定サポート15%オフ

提携サービスの活用が見込まれる事業者、現在利用している事業者であれば、検討に値するカードです。

アプラス ビジネスカードゴールド SBS PRIMEカード

 
ビジネスカード一覧 2019

一般ビジネスカード

ゴールドビジネスカード

プラチナビジネスカード

ビジネスカードの基礎知識

中小企業向けのカード情報

個人事業主向けのカード情報

クレジットカードの基礎知識

2020年おすすめのビジネスカード

PAGE TOP