中小企業・個人事業主のためのビジネスカード情報

追加カードの上限・年会費で選ぶビジネスカード

2020/02/07

date
追加カードの上限・年会費で選ぶビジネスカード

ビジネスカードは、従業員用に追加カードを発行することができます。しかし、2枚以上カードを発行すると、その分年会費もプラスされるのが一般的です。何枚でも追加カードを発行できて、なおかつコストのかからないビジネスカードを紹介します。

追加カードの上限と年会費

ほとんどのビジネスカードで追加カードが作ることができます。その中で発行枚数の制限がなく、追加カードの年会費がかからないものをピックアップしてみました。

追加カードの上限と年会費

カードデザイン 追加カード
発行枚数
親カード
年会費
(税抜)
追加カード
年会費
(税抜)
ライフカード
ビジネス
ライフカードビジネス 枚数制限なし 無料 無料
ダイナースクラブ
ビジネスカード
ダイナースクラブ ビジネスカード 枚数制限なし 27,000円 無料
三井住友ビジネスカード for Owners 三井住友ビジネスカード for Owners クラシック 枚数制限なし 1,250円
初年度無料
1名につき
400円
初年度無料

三井住友ビジネスカード for Ownersはインターネットからの入会で初年度無料になります。

追加カード年会費は本カード年会費よりも低価格

ビジネスカードは基本的に年会費が必要です。追加でカードを申し込むと、枚数分の年会費を支払わなければなりません。本カードの年会費よりも追加カードの年会費は安いのですが、コストはできるだけかけたくないものですね。

追加カード年会費が無料のものは多くはありません。複数の従業員にカードを作る場合は、カードスペックを検討した上で、できるだけ安価なものを選ぶことをお勧めします。

追加カード年会費が無料のビジネスカード

追加カードの発行枚数に制限がないカードは多い

追加カードは、経費の支払いに責任を持てる従業員に作ります。従業員全員分を申し込むわけではありません。それでも、発行枚数の上限を気にせず作れる方が便利でしょう。

今は従業員にカードを用意する必要がなくても、今後は従業員が増えるかもしれません。発行枚数に制限のないビジネスカードは意外と多く、選択肢もたくさんあります。

追加カード発行枚数に制限のないビジネスカード

利用限度額は全カードの合計額

追加カードを作るときに注意しなければならないことの一つが、ショッピング利用枠です。カード支払いには上限額があり、審査によって個々に決定します。利用枠はカード送付時に「利用枠:◯◯万円」と通知されます。

利用枠は、本カードと追加カードすべてを合わせた枠として設定されています。利用枠が100万円の時、カードそれぞれが100万円使えるわけではありません。追加カードを何枚も作ると、1枚あたりで使える額が小さくなってしまい、運用しづらくなります。

従業員カードの利用ルールを決める

従業員用の追加カードを運用するときは、あらかじめ利用のルールを決めておくとよいでしょう。会社や事業によって必要なルールは異なりますが、あると良いルールとして以下のようなものが考えられます。

  • 出張時の利用:経費利用となる使い方
  • 利用の申請:カード利用の事前申請、利用記録
  • 明細確認:利用明細を確認するタイミング
  • 利用枠配分:各カードの利用可能額の割り振り

経費にできるか・できないかの認識が従業員によって違うことはよくあるケースです。また、不正利用を防ぐカード管理ルールも必要です。追加カードは、利用者全員がルールを理解した上で運用することをおすすめします。

それでは、追加カード発行に便利なビジネスカードを紹介しましょう。

ライフカードビジネス

ライフカードビジネス

追加カード発行枚数 親カード年会費(税抜) 追加カード年会費(税抜)
枚数制限なし 無料 無料

年会費無料のビジネスカード

ライフカードビジネスは、ビジネスカードの中でも珍しい「年会費永年無料」のカードです。本カード年会費が無料で、追加カードも無料です。コストを一切必要としないことで人気があります。追加カード発行の上限もなく、何枚でも申し込めます。

ビジネスカードの基本機能は押さえられており、これ一枚で経費の流れを一本化できます。無料ながらショッピング利用枠は大きく、最高500万円までとなっています。そのかわり、ポイントプログラムや旅行保険といったプラスαのサービスはありません。

ビジネスカードのデビューに最適

事業を初めたばかりで初のビジネスカード、という方にも優しいライフカード ビジネス。スタンダードカードにはポイント還元がありませんが、事業が大きくなったら、ポイントプログラムのあるライフカード ゴールド ビジネスにランクアップしても良いでしょう。

ライフカードビジネス

ダイナースクラブビジネスカード

ダイナースクラブ ビジネスカード

追加カード発行枚数 親カード年会費(税抜) 追加カード年会費(税抜)
枚数制限なし 27,000円 無料

ハイステータスのビジネスカード

国際ブランドの1つ、ダイナースクラブが発行するビジネスカードです。追加カード発行枚数に制限は設定されておらず、年会費も無料となっています。これらの条件はライフカード ビジネスと共通なのですが、カードの性格はまったく違います。

ダイナースクラブビジネスカードの一番の特徴は、ステータス性の高さと言えるでしょう。本カード年会費は27,000円と高額です。ショッピング利用枠には一律の制限が設けられておらず、付帯保険も最高1億円の補償となっています。グルメやビジネスサービスも充実しており、年会費の高さに釣り合うハイクラスの特典を利用できます。

審査基準も信用度もハイレベル

ダイナースクラブビジネスカードは、審査のハードルも高くなっています。追加カードが作りやすいといって簡単に手に入るカードではないかもしれませんが、社会的な信用を得たい方におすすめしたい一枚です。

ダイナースクラブビジネスカード

三井住友ビジネスカード for Owners

三井住友ビジネスカード for Owners クラシック

追加カード発行枚数 親カード年会費(税抜) 追加カード年会費(税抜)
枚数制限なし 1,250円
初年度無料
1名につき400円
初年度無料

インターネットからの入会で初年度無料になります。

標準的な機能を備えたベーシックなビジネスカード

三井住友カードのビジネスカードのうち、中小企業の代表者と個人事業主向けに発行されているカードです。追加カード発行枚数に上限はなく、追加カード年会費はインターネットからの申し込みで初年度無料、2年目より1名につき400円となっています。

本カードの年会費については、2年目から1,250円かかることになっていますが、リボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」を使って年1回以上のカード利用があれば、翌年度の年会費が無料となります。(一般カードの場合。ゴールドカードでは年会費10,000円が半額になる)

三井住友カードのプロパーカードとして信頼性の高いビジネスカードです。年会費も手頃で、標準的な機能がそろった使い勝手の良いカードとなっています。海外旅行傷害保険が付帯しており、ポイント還元プログラム、電子マネーが利用可能です。個人事業主であればキャッシング機能も使えます。

申し込みしやすく、ランクアップも可能

公式サイトには、「設立間もない企業でも入会できます」と記載されています。三井住友ビジネスカード for Ownersはゴールドカードやプラチナカードもあるので、クラシックカードからスタートしてランクアップしていくこともできます。

三井住友ビジネスカード for Owners
ライフカードビジネス
ダイナースクラブビジネスカード

カードデザイン 追加カード
発行枚数
親カード
年会費
(税抜)
追加カード
年会費
(税抜)
ライフカード
ビジネス
ライフカードビジネス 枚数制限なし 無料 無料
ダイナースクラブ
ビジネスカード
ダイナースクラブ ビジネスカード 枚数制限なし 27,000円 無料
三井住友ビジネスカード for Owners 三井住友ビジネスカード for Owners クラシック 枚数制限なし 1,250円
初年度無料
1名につき
400円
初年度無料
 
ビジネスカード一覧 2019

一般ビジネスカード

ゴールドビジネスカード

プラチナビジネスカード

ビジネスカードの基礎知識

中小企業向けのカード情報

個人事業主向けのカード情報

クレジットカードの基礎知識

2020年おすすめのビジネスカード

PAGE TOP